家を売ってローンを返済|マンション買取で華やかな余生を生きる|老後の蓄えに
模型

マンション買取で華やかな余生を生きる|老後の蓄えに

家を売ってローンを返済

説明

競売を回避するための手段

最近、不動産仲介業者の窓口では、任意売却に関する相談が増加しているという話がよく聞かれます。任意売却とは住宅等を任意の手段で売却することを指す言葉ですが、一般には住宅ローンの返済が困難になった場合に、残債を一括返済することを目的として売却することをいいます。任意売却に関する相談が増えている背景には、できるだけ競売を避けたいという住宅所有者の意向があります。競売は裁判所の許可を得て行う不動産の強制処分のことで、実施される場合にはその所在地が官報に公告されます。したがって、知人や近隣の人などに競売の事実を知られてしまうおそれがあります。しかし任意売却ならば通常の不動産物件と同じように売却できるので、家計の事情などについて憶測を招かずに自宅を処分することができます。

プロの助言で交渉を有利に

プライバシーが保てることの他にも、任意売却にはメリットがあります。それは、売却価格が競売よりも高くなりがちであることです。競売の場合、平均的な落札価格は市価の6〜7割と言われていますが、任意売却ならば市中価格とそれほど変わらない価格での売却も可能です。その分、返済に充てられる部分が多くなります。不動産仲介業者の中には、任意売却に関する専門の相談窓口を設けるところも出てきています。こうした業者の多くは、債権者である銀行や保証会社との交渉の進め方に関するサポートも行っており、人気を集めています。任意売却は任意というだけあって売却のスケジュールや引越し費用の捻出、返済しきれない残債の取扱いなどについては相談次第である程度融通が利きます。有利な条件を引き出すには、専門家のアドバイスが非常に重要です。